我が子のように診てくださる、獣医師さんが皆こんな先生だったら良いのに(^^)

マルチーズ 推定5歳 女の子 姿勢と健康診断
りさ トイプードル 推定3歳 女の子 膝蓋骨脱臼
M.M.様(まるりさちゃんの飼い主様)

昔から人間のように予防として獣医師による整体や緩和ケアがあればいいなと思っていました。

近藤先生とお会い出来たのは、保護犬の小型犬マルチーズを飼いはじめたのがきっかけでした。

以前コーギーを飼っていて、足腰に注意しなければいけない犬種でしたが、一般の動物病院では悪化した時、「痛み止めの投薬か手術」の狭い選択肢しかなく…

悪化する前に、人間のように予防として獣医師による整体や緩和ケアがあればいいなと昔から思っていました。

偶然にも、知人が知っている獣医師さんが箕面市マジュンさんの会場で整体されるとお伺いして、先代犬コーギーのお導きかと思うくらいラッキーでした。

病院では「もう歳だから・・・」とその場限りの対症療法しかない事に対して不安や不信感もありました。

これまでラブラドール、コーギーのような大型犬や中型犬の飼育経験がありましたが、小型犬は聞いたことも無いような、重く辛そうな病気によく掛かることを知り、更に保護犬を迎えた事もあり日々の飼育にとても不安がありました。

また、当時、先代犬コーギーが子犬の時から15年間通っていた病院だったにも関わらず、亡くなる前、急に体調が悪くなると、『もう歳だから仕方ないですね。お薬は一週間も必要ないですね。』とアッサリ通告されたり、その場限りの無難な対症療法しかしない獣医師に対して不信感もありました。

近藤先生は腰の湾曲も様子見ではなく、原因を追求して改善まで導いてくれました☆

現在飼っているマルチーズの腰がまだ若いのに湾曲しているのが気になり、初めて近藤先生にご相談してみました。

一般の獣医師さんなら、「痛みが出てから考えましょう。」と言うところ、近藤先生は、非常に親切に、正確に、湾曲の原因から追及して診断してくださり目からウロコでした。

整体のおかげでマルチーズの弱かった膝関節も腰も痛みを感じることなく姿勢も綺麗で、毎日元気! 体調不良も微塵も無く、全速力で走り回ってます。

気持ちにも余裕ができて迎えた二頭目、専門の獣医師からは即手術した方がいいとのこと・・・

このことをきっかけに、これまで日々疑心暗鬼だった犬の飼い方に気持ちの余裕ができて、二頭目の保護犬トイプードルを迎えました。

保護当時、ボロボロで体中むくみがあり、閉じ込められていたせいか膝関節が弱く、血液検査にこそ出ませんでしたが内臓の状態もなんとなく違和感があり、『両膝、即手術した方が良い。』という関節専門の獣医師の所見でした。

それでも近藤先生の整体で体に負担をかけることなく元気に回復!全速力で走り回っています!

しかし近藤先生の整体に通った結果、手術や投薬で保護したばかりのトイプードルに負担を掛けることも無く、元気に回復。

この子も全速力で走り回って、散歩で飼い主をゼェゼェ言わせてます。

我が子のように診てくださる、獣医師さんが皆こんな先生だったら良いのに・・・

近藤先生ご自身も、犬と猫を飼っていらっしゃって、飼い主の気持ちをピタッと理解してくれて、お心がとても優しい方なので、愛犬も安心してお任せ出来ます♪

獣医師さんが皆こんな先生だったら良いのに…

これから診療される方は、いつも我が子のように診てくださる近藤先生に、より精密な診断をして頂く為に、これまでの血液検査表、レントゲン他画像データを持って、西洋、東洋医学の両方の観点からご相談される事をお勧めします。

まる「せんせー♥️」
りさ「いつもありがとう♥️」

詳細はこちら

「お客様の声」一覧へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました